断熱真空ガラススペーシアDIY通販サイトのECO窓ファクトリー

断熱ガラス交換はあなたにもDIYリフォームできる!
ガラスサイズの簡単な測り方もご案内
ご自身で寒さ対策・結露軽減・冷暖房費の節約を実現

真空ガラス(引違い窓):W1300mm×H600mmが27,300 円【DIY価格・税込・送料別】〜
アタッチメント付断熱ガラス(引違い窓):W1300mm×H600mmが15,900円【DIY価格・税込・送料別】〜

断熱ガラスは取扱いが容易なのでご自身で取付け、DIY可能!!

断熱ガラス交換は案外簡単にできるようです。

実際にDIYされたお客様からも「事前に交換ビデオを見てレクチャーしていたので、思った以上に簡単にできました。私は日曜大工などいろいろ趣味でやっているので。でも、そうでない人でも失敗なくできそうですね。」という声をいただいております。

このYouTubeをご覧いただければ、断熱ガラス交換が簡単にできることをお分かりいただけると思います。ぜひご覧ください。

DIYリフォーム用断熱ガラスのお求め

当サイトでは、DIYリフォーム用の、断熱対策・結露軽減にオススメできる、真空ガラススペーシア&スペーシアクール&クリアFit、アルゴンガス入り複層ガラスペヤプラスを販売しております。いずれもサイズオーダー品です。下のオレンジのリンクボタンをクリックしてください。

DIYリフォーム用断熱ガラスのお求め・価格表

断熱ガラスの設置リフォームをご希望の方は

当サイトでは、断熱ガラスの設置リフォームも受付けしております。設置工事・施工までお願いしたいという方は下のオレンジのリンクボタンをクリックして、断熱ガラスの設置リフォームページをご覧ください。

断熱ガラスの設置リフォームページ

断熱ガラスのDIYリフォームのお問い合わせ

フリーコール 0800-080-1402

お問合せ受付時間:平日 9:00〜19:00 休業日:日曜、祝日、第2・3土曜

お問い合わせフォーム

断熱ガラスDIYリフォームの導入事例&お客様の声

お客様より、このようなお喜びの声をいただいております。

  • 妻と二人で交換作業を行いました。一枚目は恐る恐るでしたが、二枚目以降はまずまずスムーズでした。
    サイズもピッタリで全く問題なしです。これでようやく結露から解放されますね。
  • 事前に交換ビデオを見てレクチャーしていたので、思った以上に簡単にできました。
    今迄の窓際からくるヒンヤリとした空気感は、ほとんど無くなりました。
  • 作業はビックリするほど簡単でした。サッシを外してから元に戻すまで2時間半で完了です。

下のお客様の事例名、画像をクリックすると導入事例&お客様の声がご覧になれます。

断熱ガラスDIYリフォームの導入事例ページ

『冬の寒さ、結露の要因=熱の出入り』が一番多いのは窓です。

  • 冬、お部屋が寒い、冷え込みに困っている
  • 窓に結露がビッショリ
  • 年配の家族がいるのでヒートショックが心配
  • 夏の暑さ、日差しをなんとかしたい
  • 冷暖房費を抑えたい

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

そんなあなたには、窓の断熱が一番お役に立てるかもしれません。

これから、窓の断熱と断熱対策に最適な窓ガラスについてお話しいたします。
きっとあなたのお悩み、問題解決につながることでしょう。

熱は温度の高い方から低い方へ移動する

熱は温度の高い方から 低い方へ移動するという特性があります。
ですから、暑い夏は、屋外から屋内に熱が侵入し、寒い冬は、室内から屋外に熱が流出します。

「冷気が入ってくる」は錯覚?!

冬、暖房している部屋の戸を開けると、寒さを感じることがありますよね。それを「冷気が入ってくる」と思われている方が多いようですが、実は冷気が入って来ているのではなく、暖房で暖めていた空気が、本来の寒さに戻っているだけなのです。それが「冷気が入ってくる」と錯覚するようです。

熱の出入りが最も多い開口部=窓が「暑さ」「寒さ」「結露」の原因

高断熱・高性能住宅をお考えのあなたへ

高断熱・高性能住宅をお考えのあなた。

本当の高断熱・高性能住宅にしたいたいなら、壁や天井や床や暖房設備をお考えになられる前に窓の断熱を一番最初にお考えになった方がいいかもしれません。

その理由は?・・・これから先をお読みになられるとわかると思います。

住宅の中で一番熱の出入りがあるのが開口部=窓です。

夏の冷房時に、窓を通して屋外から熱が侵入してくる割合は71%、

夏の冷房時(昼)に開口部から熱が入る割合71%

冬の暖房時に、窓を通して熱が流失する割合は48%にも上ります。

冬の暖房時の熱が開口部から流出する割合48%

冬の朝、窓に結露がビッショリと発生する原因は屋内と屋外の温度差です。

夏に「部屋が冷えない〜!」、冬に「部屋が寒い〜!」「結露がビッショリ〜!」
その原因は、窓を断熱することで解決できるのです。

冷暖房(=熱をつくる)より、まず窓断熱(=熱が逃げない)が先決

家の中が寒いときは冷暖房器具を使われていると思います。

冷暖房器具は熱をつくる器具ですよね。その作った熱がどんどん窓から放出されているとしたら・・・

寒い、暑い、結露をなんとかしたいと、しっかりと窓断熱できていない部屋でガンガン冷暖房しているというのは・・・

穴の空いたバケツに大量の水を注ぐようなものです。
→冷暖房器具代や冷暖房費にお金が湯水のように出て行っているかもしれませんね?!

まずはバケツの穴をふさぐこと=窓断熱することが先決ではないでしょうか?

バケツの穴をふさぐこと=窓断熱すること

エアコンは暖かくないは誤解?!

家の中が、寒いとき・・・
「エアコンは足元まで暖かくならない」と、ガスファンヒーター、石油ストーブ、床暖房などを使われているケースが多いと思います。

実は、エアコンで足元まで暖かくならないのは、エアコンの性能不足ではなく、きちんと窓断熱できていないからだそうです。

しっかり窓断熱できている家は、床が冷たくならないので、エアコンだけで十分暖かいそうです。

断熱対策・結露軽減にオススメできる断熱ガラスは?

2枚のガラスと空気層で熱を遮断する複層ガラス(ペアガラス)

高い断熱性能を発揮し、冬場の結露を防止する複層ガラスというものがあります。

複層ガラスは2枚の板ガラスの間に乾燥した空気を注入し中空層を設けた構造のガラスです。

複層ガラス(ペアガラス)構造図:3mm単板ガラス×2枚&6mmの空気層、厚さ12mm

※ ペアガラスは旭硝子(株)の登録商標です。

このような複層ガラスは、外国ではスタンダードになっており普及率は非常に高く、先進国の中での普及率が日本は一番遅れております。

世界の複層ガラスの普及状況

複層ガラス・エコガラスは断熱性能に優れたガラスです。

しかし、複層ガラスは断熱効果はありますが、完全に熱を遮断するわけではありません。

空気の層は少しづつ熱を伝導していきますので限界というものがあります。

さらに、複層ガラス・エコガラスは、厚さ3mmのガラス2枚の間に6mmの空気層という構造上、厚さが12mm以上のものが一般的です。

この厚さゆえに、複層ガラス・エコガラスは、既存のサッシには入らない場合があります

複層ガラス(ペアガラス)12mm→既存サッシに収まらないサッシ交換も必要! ペヤプラス12mm→アタッチメント付なので既存サッシに収まる。 真空ガラススペーシア6.2mm→既存サッシにそのまま収まる

やはり、これまで使っていたサッシを「まだ使えるのにもったいない」とおっしゃる方は多いです。

一緒にサッシも新調するとなると、その分の費用が掛かってしまいます。

そこでアタッチメント付のペヤプラスという断熱ガラスがあります。

高断熱アルゴンガスとLow-E膜で断熱性のをさらに高めた複層ガラスペヤプラス

ガラスとガラスの間に高断熱アルゴンガスを封入!!断熱・遮熱効果アップ、結露も軽減!!ペアプラス構造図

サッシはそのままで簡単取付作業時間は一窓30分〜1時間

ご自宅のサッシはそのままで窓ガラスを取り替えるだけ!!
作業時間も一窓わずか30分〜1時間程と短時間。

遮熱効果は一般ガラスの約2倍!!

ペヤプラスと1枚ガラスの  遮熱性能の比較

日射熱を大幅にカットし、夏場の部屋を涼しく快適に、
冷暖房効率も改善!!eco・節電対策に!

紫外線約81%カット!!

ペヤプラスと1枚ガラスの  紫外線カット率の比較

紫外線を大幅にカット!!
窓枠や床、インテリアなどの退色を防ぎ、お肌にも優しい。

今お使いのサッシはそのままに、アタッチメント付きガラスに取り替えるだけ

ペヤプラス構造図:取付アタッチメント付きだからガラスを取り替えるだけかんたん施工! 今お使いのサッシはそのまま!

ペヤプラスは取付アタッチメントがあるので、ガラスだけを一枚ガラスからペヤプラスに取り替えるだけの簡単施工可能です。

ガラスのエッジがむき出しにならないので、一般の方でもDIY取付が容易にできます。

複層ガラス ペヤプラスのお求め

ペヤプラスは大変優れた断熱ガラスなのですが・・・

ペヤプラスはアタッチメントの分、ガラス面が狭くなります

アタッチメント分の縁があるので、その分ガラス面が狭くなってしまいます。ガラス面が狭くなった分断熱効果も低くなってしまいます。

ペヤプラス→ガラス面積(窓面積)が狭くなる 真空ガラススペーシア→ガラス面積(窓面積)は広いまま

ペヤプラスは既存サッシより厚みがります。

ペヤプラスと1枚ガラスの  遮熱性能の比較

ペヤプラスは既存サッシより厚みがあるので、クレセントや網戸と干渉する可能性があります。

>> ペヤプラスの収まり参考図はこちら

アタッチメント断面図

ペヤプラスと1枚ガラスの  遮熱性能の比較

既存のサッシにそのままセットできるように、薄いタイプのペアガラスがあればいいのですが、空気層も薄くなる分、それだけ断熱効果が弱くなります。

そこで・・・

そういった欠点を解消して開発された窓ガラスが真空ガラス「スペーシア」です。

断熱対策・結露軽減にはコレ!真空ガラススペーシア

1枚ガラスの4倍の断熱効果、真空層0.2mmのスリムな真空ガラス

0.2mmの真空層で、複層ガラス(ペアガラス)よりもっと断熱、もっと薄く


ガラスでどれだけ結露がなくなるのか?NSGのユーチューブ画像


ガラスでどれだけ寒さが防げるのか?NSGのユーチューブ画像

室内の熱を逃がさない真空ガラススペーシア

真空ガラス構造図:3mm単板ガラス×2枚&0.2mmの真空層&Loe-E膜、厚さ6.2mm

空気より真空の方が完璧に熱を遮断します。真空ガラススペーシアは、ガラスの間に真空の層を作ることによって更に高い断熱性能を実現しています。

空気の層での断熱を考えると、ある程度の厚さを保つ必要がありますが、真空は熱の伝導を完璧に遮断するので層を薄くすることが可能です。

真空ガラススペーシアは、6.2mmという薄さを実現することにより、いまお使いのサッシはそのままでガラス交換だけで済みます。

真空ガラススペーシアは、2枚のガラスの間の真空層の室内側にLow-E膜(遮熱金属膜)を貼っておりますので、室内側からの熱が室外に漏れるのをより防ぎます。

真空層とにLow-E膜によって1枚ガラスの約4倍の断熱効果があります。

注:一部そのままでは取り付けられないサッシもございます。
※ スペーシアは日本板硝子(株)の商品名です。

真空ガラススペーシアにはこんなラインアップ商品もございます

夏の日差しをカット!遮熱効果を高めた真空ガラス スペーシアクール

真空ガラス構造図:3mm単板ガラス×2枚&0.2mmの真空層&Loe-E膜、厚さ6.2mm

真空ガラススペーシアクールは、夏の遮熱効果を高めた真空ガラスです。

真空ガラススペーシアは、2枚のガラスの間の真空層の室内側に Low-E膜(遮熱金属膜) を貼り、冬場、室内側から室外へ熱が漏れるのをより防ぎますが、真空ガラススペーシアクールは真空層の室外側にLow-E膜(遮熱金属膜)を貼り、夏の厳しい日差しが侵入するのを防ぎます。

一般的な目安として、南側や西側のお部屋にはスペーシアクールを、北側、東側のお部屋にはスペーシアをオススメする場合が多いです。

リーズナブルな真空ガラス クリアFit(クリアフィット)

3mmの板ガラス、0.2mmの真空層、1枚ガラスの2倍以上、ペアガラスの約1.3倍の断熱率

真空ガラススペーシアをお求めやすい価格で実現したのが、クリアFit(クリアフィット)です。

Low-E膜の部分をコストダウンしたコストパフォーマンスの高い真空ガラスです。
それでも、1枚ガラスの2倍以上、ペアガラスの約1.3倍の断熱性能を誇っております。

真空ガラスのお求め

当サイトが真空ガラススペーシアとペヤプラスをオススメする理由

ここで、ガラス商品の価格と断熱性能を比較した図をご覧ください。
上から下に行くほど断熱性能が高くなっております。

窓ガラス商品の価格と断熱性能比較

※ 熱貫流率(U値)とは、熱を通す比率で、数値が低いほど断熱効果が高くなります。各メーカーカタログより引用。
※ 室温17℃の環境で、氷(表面温度-3.5℃)の上に素材をセットした実験装置で計測。

窓ガラス商品の価格と断熱性能比較表

このように単板ガラスと複層ガラスとの断熱性能の段違いの差があること、

そして、当サイトで販売している真空ガラススペーシアと、遮熱性能の高い複層ガラスペヤプラスの性能がさらに高いことがおわかりいただけることと思います。

このように単板ガラスと複層ガラスとの断熱性能の段違いの差があること、

なぜ、真空ガラススペーシアとペヤプラスをオススメできるのか?

スチールメジャーを使用
断熱ガラスはグレチャンがセットされており
取り扱いが安全

1. スペーシアとペヤプラスはグレチャン(ゴム)がセットされており、取り扱いが安全、既存サッシにそのまま取り付け可能

2. スペーシアは断熱性能抜群、アタッチメントも不要なのでガラス面が広く見た目もスッキリ

3. ペヤプラスは夏の遮熱効果が高く、コストパフォーマンスが高い

ガラスで断熱対策DIYリフォームするステップ

断熱ガラス交換は案外簡単にできるようです。

実際にDIYされたお客様からも「事前に交換ビデオを見てレクチャーしていたので、思った以上に簡単にできました。私は日曜大工などいろいろ趣味でやっているので。でも、そうでない人でも失敗なくできそうですね。」という声をいただいております。

このYouTubeをご覧いただければ、断熱ガラス交換が簡単にできることをお分かりいただけると思います。ぜひご覧ください。

1. ガラスサイズを測定

スチールメジャーを使用
スチールメジャーを使用

障子の内法を計測:W(横幅)
障子の内法を計測:W(横幅)

障子の内法を計測:H(高さ)
障子の内法を計測:H(高さ)

単位はmmで
単位はmmで

サッシの情報ラベルを撮影・送付ください。
サッシの情報ラベルを撮影・送付ください。

住宅用標準サッシ溝幅は9mmです。
住宅用標準サッシ溝幅は9mmです。

サッシの情報ラベルを撮影・送付ください。
グレチャンに刻印されている数値
〔4/9〕→ 4mmガラス用9mm溝巾用グレチャン

2. ガラスの種類を選び、購入

当サイトでは、真空ガラススペーシア、ペヤプラスを販売しております。いずれもサイズオーダー品です。

ご自身で取り付けられるDIYの場合の「商品のみ」の販売と、「施工も依頼したい」という方の「取り付け込み」の販売があります。

DIYリフォーム用断熱ガラスのお求め

3. 取り付ける

1.障子を窓枠から外す
1. 障子を窓枠から外す

2.障子から既存のガラスを外す
2. 障子から既存のガラスを外す

3.新しいガラスを障子にはめる
3. 新しいガラスを障子にはめる

4.障子を窓枠にはめる
4. 障子を窓枠にはめる

さぁ、あなたもDIYで今の窓の単板ガラスを断熱ガラスに入れ替えて、冬の寒さ、冷え込み、結露の悩み、ヒートショックの心配から解放されて快適な暮らしを満喫しませんか?

古いガラスは"燃えないゴミ"として出せます。

ガラスの処分方法について

ガラス交換で取り外した古いガラスは、自治体によって違いますが、基本的に"燃えないゴミ"として出せます。詳しい処分方法は、各自治体にお問い合せください。

ガラスの処分はガラスカッターが便利です

単板ガラスは、ホームセンター等で販売しているガラスカッターで簡単にきれいに割ることができます。

運びやすいサイズにカットすると、処分がしやすくなります。動画をご覧ください。


ガラスの安全な処理方法

DIYリフォーム用断熱ガラスのお求め

当サイトでは、真空ガラススペーシア&スペーシアクール&クリアFit、アルゴンガス入り複層ガラスペヤプラスを販売しております。いずれもサイズオーダー品です。

下記サイズ表の購入されたい商品のサイズをクリックすると該当商品が表示されます。
例):既存ガラスの寸法がW1550mm(幅)×H950mm(高さ)の場合、商品サイズはW1600×H1000になります。

ガラスの寸法について(引き違い窓の場合)

W=(WL)+(WR)

引き違い窓の場合、ガラスの幅(W)寸法は、左右のサッシのガラス部分の合計((WL)+(WR))になります。

寸法の計測は、サッシ障子の内側から内側を、左右のサッシの高さ(H)と幅(W)の4箇所測ってください。

ガラス用の窓サイズ寸法記入シート

ガラスを取り付ける窓サイズの寸法記入には下をクリックして、窓サイズ寸法記入シート(PDFファイル)をダウンロードし、プリントアウトしてご活用ください。

↓ ガラス用窓寸法記入シートA(中棧なしの窓) ↓
ガラス用窓寸法記入シート(PDFファイル)ダウンロード

↓ ガラス用窓寸法記入シートB(中棧ありの窓) ↓
断熱・遮熱ガラス用窓寸法記入シート(PDFファイル)ダウンロード

記入したシートは、下のいずれかの方法でご送付ください。

  1. シートを撮影した画像ファイルを、お問い合わせフォームに添付して送付いただく。
  2. シートを撮影した画像ファイルを、コスペックcontact@kyo-ecomado.jpまでメール添付して送付いただく。
  3. FAX 0774-51-5195に送信いただく。

窓を撮影した画像ファイルもメールに添付してご送付下さい。

断熱ガラスの購入

断熱ガラスの平米単価計算表

  熱貫流率
W/(・K)
ガラス総厚
mm
崔渦
(税別)
0.3岼焚
(税別)
送料
(税別)
真空ガラス クリアFIT 2.6 6.2 21,000 9,500 地域別
スペーシア 1.4 6.2 32,500 16,000
スペーシア クール 1.0 6.2 35,000 17,500
アタッチメント付き ペアプラス
アルゴンガス入り
透明 2.1
12 19,500 7,200
型板 2.3
透明 2.6 10
オーダー断熱ガラス
アルゴンガス入り Low-E
透明 1.99 12 17,000 6,200
型板 2.20

※ 送料は、掲載のサイズ料金表の範囲内の価格です。
※料金表記載サイズ[W1800-H1200]以上の送料は見積りします。
※ 価格表掲載サイズより大きいサイズのガラスも製作可能です。その場合の送料はお見積り対応とさせていただきます。

真空ガラス【DIY価格(商品のみ)・税込・送料別】のサイズ別価格表

※サイズ別価格表は横スクロールできます。

[mm] W:幅
1201〜1300 〜1400 〜1500 〜1600 〜1700 〜1800
H:高さ 501〜600 27,300 29,400 31,500 33,600 35,800 37,900
〜700 31,900 34,300 36,800 39,300 41,700 44,200
〜800 36,500 39,300 42,100 44,900 47,700 50,500
〜900 41,000 44,200 47,300 50,500 53,700 56,800
〜1000 45,600 49,100 52,600 56,100 59,600 63,100
〜1100 50,100 54,000 57,900 61,700 65,600 69,400

※ ガラスのWのサイズ・価格は引き違い窓用の場合左右2枚分でございます。

>> お支払い・送料について

アタッチメント付き断熱ガラス【DIY価格(商品のみ)・税込・送料別】のサイズ別価格表

※サイズ別価格表は横スクロールできます。

[mm] W:幅
1201〜1300 〜1400 〜1500 〜1600 〜1700 〜1800
H:高さ 501〜600 15,900 17,000 18,100 19,200 20,300 21,400
〜700 18,300 19,600 20,800 22,100 23,400 24,700
〜800 20,700 22,100 23,600 25,100 26,500 28,000
〜900 23,100 24,700 26,400 28,000 29,700 31,300
〜1000 25,400 27,300 29,100 30,900 32,800 34,600
〜1100 27,800 29,800 31,900 33,900 35,900 37,900

※ ガラスのWのサイズ・価格は引き違い窓用の場合左右2枚分でございます。

>> お支払い・送料について

DIYリフォーム用断熱ガラス(商品のみ)のFAXでのお見積り、ご購入は、下記のバナーをクリックして断熱・遮熱ガラス無料見積り・ご注文シート(PDFファイル)をダウンロードしてご活用ください。

断熱・遮熱ガラス無料見積り・ご注文シート(PDFファイル)ダウンロード

当ショップでは断熱ガラスの設置リフォームも受け付けております

当ショップでは断熱ガラスの設置リフォームも受け付けております。ご希望の方は、下のオレンジ色のリンクをクリックいただいて断熱ガラスの設置リフォーム販売ページをご覧くださいませ。

※ 断熱ガラスの設置リフォームは近畿一円、関東一円に限らせていただきます。悪しからずご了承ください。

断熱ガラスの設置リフォーム

断熱ガラスのDIYリフォームについてお気軽にご連絡ください

断熱ガラスのDIYリフォームについて不明な点、聞きたい点などご連絡ください。当サイトのお問い合わせフォーム、または専用フリーコールで受け付けております。お気軽にご連絡くださいませ。

断熱ガラスのDIYリフォームのお問い合わせ

フリーコール 0800-080-1402

お問合せ受付時間:平日 9:00〜19:00 休業日:日曜、祝日、第2・3土曜

お問い合わせフォーム

PAGE TOP